私の理想とする家づくりにつきまして

私の理想とする家づくりにつきましては、今現在、環境汚染により予測不可能な、天変地異である、大規模な風水害が発生している形となります。日本国内におきましても、台風19号や、2018年の7月に継続して降り続きました豪雨にて、様々な県で多くの犠牲者が発生する形となりました。当然、新築の家等におきましても、流される等の被害や、床上、床下浸水の被害に遭われる方々が非常に多く、災害の脅威を知り得た瞬間でもありました。そのような状況におきまして、やはり、「防災に強い家づくり、災害に強い家づくり」と言うのが、各メディアで放送される中で、私達家族がもし、住宅を購入しようとした場合におきまして、災害に強い家づくりを理想とすることは言うまでもありません。私が災害に強い家づくりの中で特に重視したい点としましては、各排水口からの逆流を防げることができる家こそが、床下浸水を防ぐことができる形に繋がることや、強化ガラス等による、浸水時に、自宅に一切水が入ってこないようにする強化ガラス等も家づくりを進める上で魅力的であります。