階段が滑りやすい

新築を作るときに、階段のことについてそんなに真剣に考えていませんでした。そして、出来上がったときにちょっと困ったと思ったことがあります。それはなんといっても、階段を降りるときに滑りやすいということです。
階段については、滑りやすいとっても困ります。滑って腰を打つこともあるし、高いところから転落をすることもあります。そのことを思うともっと慎重に考えるべきであったと思っています。階段では手すりがありますがその手すりをおさえていても、やっぱり滑ることがあるのです。
その結果、階段に後から滑り止めを付けることにしました。私たちは気をつけて使うことが出来るのですが、ほかの来訪者はそんなことができないのです。そのまま知らずに降りることもありとても危険です。
そのことについて、全く考えていませんでした。しかし階段と言うのは、家の中で最も危ない箇所であると思うので、要注意をして検討をすることが必要であると思っています。